調理師免許の取り方

調理師免許の取り方

調理師免許の取り方を調理師免許資格保有者が解説しています。実務経験なし状態からスタートした調理師免許取得までの流れと取得後の流れ



就転職に強い、資格取得スキルアップ専門校ヒューマンアカデミー

◆◇ここに書かれている話は平成19年に調理師免許を取得した時の実話です。◇◆
◆◇調理師免許取得条件など変更される可能性も充分ありえます◆◇
◆◇条件に関しては厚生労働省や各自治体で発表されている条件に◇◆
◆◇従って頂きますようお願いいたします。◇◆

Yahoo!美味しいお取り寄せ > 調理師免許の取り方

調理師免許の取り方 実務経験無し

もう10年以上前の話ですが私は実務経験ゼロの状態から
数年かけて実務経験を積み、調理師免許を取得しました。
もともと主婦だったため、料理はそれなりにしていましたが
資格となるとまったく別問題です。
これから調理師免許を取得して働こうかと
考えてらっしゃる方の参考になるか分かりませんが
私の調理師免許取得にまつわる体験談を綴ります。

まず始めに調理師免許取得には実務経験が必須です。
実務経験を積む為に私はファミレスでパートを始めました。
職種はもちろん調理です。
調理以外の職種では実務経験証明書は発行されないと
事前に調べていたので条件にあった職場を選びました。
ファミレスと言ってもちゃんと生肉などを加熱調理するような
一般的なレストランに近い形式のファミレスじゃないと
申請時に実務経験として認められないと聞きました。
私が働いていたお店は、サラダや付け合わせの野菜を
お店で洗浄・カットする所から始まり、
グリルやフライパンなどを使って肉や魚の料理を出すタイプのお店でした。
なので店舗のタイプとしては実務経験として認められるお店でした。

実務経験として認められない店舗のタイプとしては
メインディッシュすらレンジでチンするようなタイプのお店です。
会社で実務経験証明書を発行してもらっても
申請時に認められない可能性があります。
例えばカラオケボックスで出されるレンジ調理では
却下される可能性はかなり高いです。
それと例えば社員食堂でも、盛りつけるだけの仕事だと
正確には認められないそうです。
あくまでも煮たり焼いたり味付けしたりが基準なんだそうです。

調理師免許試験を受ける方の中には
親戚が飲食業をやっているとゆう事で、
調理現場で働いた経験がないのに証明書だけ出してもらい
調理師免許の試験を受ける方もいます。
しかし、資格を取得してその後就職しても
現場経験が無いのはすぐにバレます。
せっかく務めてもその後の職場内の関係が
上手くいかないので、そうゆう嘘は辞めておくべきです。

調理師の資格はあくまでも経験が前提にあっての資格です。
就職後に即戦力になるとゆう意味合いがとても強く
経験ゼロだと何の役にも立ちません。
ペーパードライバーなのに二種免許を取ってタクシー会社に
就職するのとあまり変わらないです。
でも運転の場合は実技があるので正確には違います。
調理師免許の場合は試験に実技がないので資格がとれなくありませんが
経験があるとゆう前提の資格だと考えてください。

それらを考慮して調理師免許の資格を取得するべきか
ご一考なさってください。

そして実務経験証明書を発行してもらうには勤務時間の条件もあります。
週に4日以上働いて週30時間以上なら問題ありません。
8時間勤務が週に4日、6時間勤務で週に5日です。
私はパートタイムでしたが、面接時に調理師免許を取りたい旨を伝え
この条件で働けるか打診しました。
定時を9時から4時まで、休憩30分での勤務時間です。
当時は子どもが小さかったのでこのようにしてもらいました。
しかし面接時には面接した店長に了承してもらえましたが、
ファミレスも人件費を少しでも削減したいため、
お客さんが少ない時などは定時よりも早く上がらせられてしまいました。
結果、2年経って証明書の話をした時に、
面接時の店長とは別の店長に変わっていて、
私の調理師免許の話は引き継がれていませんでした。
働いていたファミレスの会社自体は大手企業なので、
それまで実際に働いた時間数などはしっかりと管理されていました。
私の勤務時間では実務経験証明書は出せないとゆう話になり
結局ファミレスで働いていた事での証明は出されずじまいでした。
口約束で大事な事を約束するとこうゆう事になる可能性が大です。
なので働く時は目的を勤め先に明確に伝え
念入りにするには一筆書いてもらうくらいが時間をムダにしない方法です。
でも実際にはなかなか言いにくいものですよね。
ですので、資格がなくても調理の仕事がフルタイムで働けるところで
働けば問題ないです。
調理師免許がなくても定時で働ける社員食堂の派遣などの方が手堅いです。
ただ社員食堂は下手すると盛りつけオンリーになりかねないです。
面接時には調理師免許を取りたいとゆう
自分の意思をしっかりと伝えて就職なさってください。

私はその後、ファミレスは退職し、職業訓練校の調理科に入校しました。
訓練校の期間は半年間なので調理師免許申請条件は満たせません。
しかし訓練校を経たため、無資格でしたが給食施設に就職できました。

給食を始めて2年後、ようやく実務経験証明をもらえる事になりました。
調理師資格を取ろうと決めてから約5年もかかっての取得でした。

調理師免許の取り方 実務経験あり

ようやく実務経験証明書をもらえるようになり
調理師免許の資格試験を受けられる状態になりました。
とても不思議なんですが調理師免許の試験は実は学科しかありません。
つまり逆を返せば、料理人になるのに調理師免許は不要とゆう事です。
調理師免許有資格者になると、給食施設など衛生管理の
知識が重用される職場での就職に有利になるだけです。

昔は給食調理員は高給取りと言われてましたが、
それは公務員の話で一般的には低賃金の職業です。
私は保育園で働いていたので賃金以上のやりがいを感じて
とても充実していましたが
お給料に関してはとても申し訳ないですがそこそこの収入でした。
なので調理師免許を取得しても
調理の仕事にやりがいを感じられない方には不向きです。
不満やグチの元になるので周囲も迷惑だったりします。
お給料が比較的良いとされる病院は勤務時間もローテーション制で
勤務開始時間が朝早い事も多く
そうなると、交通機関が動いてない事もあります。
東京都内だとあまり遠くの職場では働きにくいです。
車通勤が可能な地方ならその問題はないですね。
そして病院や老人施設の場合、衛生管理がかなり厳しいので
手荒れがもっとも酷くなりやすい職場でもあるようです。
保育園もけっこうそれに関しては厳しかったです。
乳児がいるので当然と言えば当然です。

それと、調理師に向いてない条件としては

■ 腰痛をはじめいろんな関節が丈夫じゃない
■ 肌が敏感肌や乾燥肌で荒れやすい(アトピーなども含む)

この二つのどちらかがあるなら今からでも免許取得は辞めたほうがいいです。
腰痛などはまだ鍛えたりマッサージなどでどうにかなりますが、
手荒れに関してはかなり悲惨な状況になっていきます。
私は今現在調理の仕事をしていませんが、
上記の二つの理由で離職する事になりました。
今も調理の仕事には従事できません。
こうなるとせっかく取った調理師免許もまったく意味がありません。

一緒の職場で働いていた同僚は短大を出たばかりの新卒で
まだ20代でしたが1年もしないうちに手荒れが酷くなっていました。
しかしその同僚は栄養士だったので
転職すればデスクワークで働ける職場もあり
どうにかなると言えばどうにかなります。

栄養士になるには専門学校や短大を卒業する必要があります。
費用があるならそうゆう道を選択するとゆう手もあります。
実際に主婦だった女性が栄養士の資格を取る為に学校へ通い、
その女性と私は一緒に働いた事もありました。
私にはあいにくそんな費用がなかったので調理師を選択しましたが、
こうなる事が分かっていたら調理師免許ではなく
別の資格を選んでいたと思います。
でも今となっては調理師免許はまったくムダだとも思わないし
一応プロなので、それなりの知識は役立っていると思ってます。

調理師免許試験

調理師免許の試験は各都道府県で日程が異なります。
私は東京都に住んでいるので東京都で受験しましたが
国家資格なので他の都道府県でも受験できます。
ただ合格後、免許を発行してもらうために
再度その都道府県の庁舎に行き免許発行の申請が必要です。
郵送できたかどうかは覚えていません。

東京都の場合は年に2回、調理師免許の受験日があります。
願書は保健所でもらえます。
住まい(市区町村)の管轄外でも大丈夫ですが
受験地内の保健所じゃないと願書がありません。
願書を提出すると試験本番前の予備講習と予備テストみたいな案内が渡されます。
これは有料ですが受けておいた方が
受かる確率が上がるとゆう話だったので受講しました。
この予備テストで出る問題は調理師免許試験の過去問から
出題されていて、とてもリアルなテストだったので受講して正解でした。
おかげ様で私は一発合格を果たして調理師免許有資格者になりました。
本試験で落ちるとまた受験する場合費用がかかるので、
この予備講習を受けて受かったほうが出費的にも抑えられます。
受験時には検討なさってみてください。

調理師免許試験の受験の為の勉強方法は、
職業訓練校時代に買った教科書があったのでそれで勉強しました。
授業で教わっていた分、ただ本だけで独学するよりも
理解度は高かったと思います。
でもなかなか職業訓練校も狭き門だし半年間勉強と実技で大変です。
今はいろんな講座もあるようなので
調理師免許を取るならそうした講座を利用するのも良いと思います。

以上、かなり長文になりましたが調理師免許取得に関するノウハウと
現場の実際の状況でした。
調理師免許がなくても調理の仕事は可能です。
職種がご自身にあうかどうかを見極めるためにも
まずは現場で働いてみてください。
これは調理師専門学校に通う前にも同様の事が言えます。
学校を出て調理師免許を持っていても
現場の感じが性格的に合わなければ
学校に行った事もムダになりかねません。

これから調理師免許を取ろうかどうしようか
考え中の方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

調理師免許の取り方 トップへ戻る